電気柵・鳥獣害対策商品のネットショップ

『ライトセンサス(light census)』とは・・・

『ライトセンサス』とは、夜間に林道や農道を車で低速走行しながら、前方と左右をライトで照射し、
哺乳動物の姿や目の反射をもとに種類・頭数を調査する方法です。
ライトに照らされて光を反射した動物の目はかなり遠くからでも発見ができ
野生のシカ・イノシシ・ツキノワグマの生息数や分布の把握などに利用されます。

ライトセンサス用調査機器(スポットライト)は、調査の特性上、車の12Vシガープラグから
電源を取るタイプのスポットライトが一般的ですが、100VACアダプターが付属した充電式の
スポットライトもございます。お客様の用途によってお選び下さい。



表示切替: 並び順:
3件中1件~3件を表示
3件中1件~3件を表示
お得な電気柵セット
電気柵のお見積はコチラ
官公庁様の鳥獣被害対策 専用窓口

協和テクノヤフー店
協和テクノのメルマガ

スタッフブログ
小海県有林J-VER

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ